Return to site

名称を固定しましょう

教材のクオリティを格上げするヒント

· 教材戦略のヒント

仕事柄、いろんな講座の教材テキストを見ていて気になること!

それは、「ひとつのコトやモノ」を指し示すのに

「異なる複数の単語」が使われていることです。

「あるコト・モノ」を説明するときに、

意図的に「言葉を変えて説明する」ことで

理解を促すのはアリですが、

そもそも「そのコト・モノ」の名称がバラバラだと、

受講生は一気に混乱してしまいます。

ちょっとわかりやすい例で説明すると…

 

「○○カウンセラー養成講座」の教材の中で、

「相談者とカウンセラーが一対一で話す行為」のことを、

「カウンセリング」と言ったり「セッション」と言ったり

「面談」と言ったりしてしまうことです。

ここから生じる本来無用な「?」、

なんとなくイメージつくでしょうか…?

特別な意図があって複数の言葉を使うのは良いのですが、

その場合は「言葉の定義・使い分け」を

きちんとわかるように示してあげましょう。

そうでない場合は

「教材全体(講座全体)を通して使う言葉はひとつに決める、統一する」

ことをおすすめします。

小説やエッセイなどの場合は、

同じ単語を繰り返し使うのは避けたいところですが、

教材テキストの場合は逆!です。

講座や教材のコアとなる「固有のボキャブラリー」を

意識していきましょう。

このブログでは、教材戦略や教材制作に関するヒントを綴っています。下記のフッターより読者登録いただけます。いつでも解除できますのでお気軽にご登録ください。
(読者登録すると、ご登録メールアドレス宛に新着記事UPのお知らせが配信されます)
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK