Return to site

教材マニアのビジョン

· 日々のあれこれ

今からさかのぼることおよそ25年。

父親の転勤で、私がポーランドに住んでいた

小学校5年生の頃。

 

毎月日本から届くようになった

『進研ゼミ』と『学研』との出会いにより、

私は「教材」のとりこになりました。

 

そこから私の「教材マニア」としてのキャリアが

スタートしたわけなのですが、

以降、興味があることは書籍・参考書・通信講座などの

「活字&紙媒体で学ぶ」がデフォルトに。

 

社会人になってからは、

教材・通信講座・研修資料などを作る側も経験し、

「教育や学びに関する目に見えないコンテンツを

見える化・体系化・事業化する仕事」をしてきました。

 

そして今、教材づくりの仕事をするようになった私は、

最近ますますこんなふうに思うのです。

 

「教材って本当におもしろい!!!」

 

・・・

 

講座やセミナー・ワークショップを開催する

講師や先生方の中には、

「教材=脇役」と思っている方も多いかもしれません。

 

もちろん講座の主役は受講生。

ですが、教材戦略に基づいて設計された教材は、

単なる「ノウハウが書かれたモノ」の域を超えて、

受講生と先生をつなぐ「強力なコミュニケーションツール」にもなれば、

教える労力を軽減する「敏腕アシスタント」にもなってくれたりと、

脇役以上の絶妙な役割を果たしてくれます。

 

そんな教材の力を味方につければ、

講座は飛躍的に加速します!

 

・・・

 

社会にとって本質的に必要なコンテンツを、

「教材」という見えるかたちにして、

必要とする人に届けたい。

 

そのための効果的で再現性がある方法を

一人でも多くの講師や先生方に伝えることで、

「自分の足元から豊かさを生み出すような生き方・働き方」

を体現する個人起業家を増やしたい。

 

その先に、

私が海外生活を通して幼い頃から見てきた世界=

あらゆる個性が共存する“演劇の舞台”のような

多様性に満ち溢れる世界、が広がったらいい。

 

そんなイメージを思い描きながら、この仕事をしています。

 

今日は改めて私のビジョンを記してみました。

 

プログラム構築の専門家・鈴木さくらさんとの

コラボ企画リリースまであと少し!

ご案内開始まで、お楽しみにお待ちください☆

 

■□------------------

受講生をハッピーエンドに導く教材戦略

『感動教材プランニング』主宰

教材戦略コンサルタント/矢澤典子

このブログでは、教材戦略や教材制作に関するヒントを綴っています。下記のフッターより読者登録いただけます。いつでも解除できますのでお気軽にご登録ください。

(読者登録すると、ご登録メールアドレス宛に新着記事UPのお知らせが配信されます)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK