Return to site

「学びの需要期」にやっておくべきこと

· 教材戦略のヒント

今年もお正月とともに、「学びの需要期」がスタートしました。

「今年は○○を勉強してみよう」「**の資格に挑戦してみよう」など、新年は「学び」に対する投資意欲が高まり、それに合わせて、テレビCMや新聞の折り込みチラシ・ポスティング・DMなど、通信講座大手の広告が一気に増える時期です。
これらの広告。
私の肌感覚としては、「年々控えめになってきている」という印象なのですが、おそらく広告媒体の多様化に伴って、使用される媒体が「マス」から「個」にシフトしているため、そのように感じるのではないかと思います。
この広告の「個別化」の流れは、AIの登場によりさらに加速・最適化されていくのでしょうね。
話が逸れてしまいましたが、学びの需要期に「教育大手の広告」を目にすることが少なくなったからと言って、それは「学びの需要が低くなってきている」というわけではありません。
むしろその逆で、人生100年時代においては、学びに対する投資意欲はどんどん高まってきていると言えます。

そんな「学びの需要期」真っ只中の今。
私たちが今やっておくべきことは?

1つ目は、「最初のきっかけを差し出しておく」こと。

今の時期、あなたの講座の見込み客は、なんらかのニーズをもとに「いつも以上にアンテナを張っている」状態です。

そこに、「こんなお悩みありませんか? こんな解決方法がありますよ」と、ニーズを言語化すると同時に、解決のための選択肢を差し出しておきましょう。

ポイントは、「いつもよりハードルを下げて」です。

今まで反応しなかった人でも、この時期にはメッセージをキャッチし、アクションを起こしてくれる可能性があります。

2つ目は、「次の需要期(3月)に向けての準備をしておく」こと。

新年度というと「4月」のイメージが強いかもしれませんが、新年の「今年は~」という発想と違って、新年度に関しては、旧年度中から前もって「来年度は~」と計画的に考える傾向があります。

そのため、次の需要期は「3月」と理解しておきましょう。

それに向けての種まきや準備を今始める。

  • WEBサイトを整えておく
  • メルマガリストを獲得しておく
  • ブログを強化しておく
  • 既存講座の見直しをしておく

など、考えられるアプローチを洗い出して、優先順位をつけて取り組みましょう。
もちろん私からは「教材を見直しておくこと」を提案させていただきます^^

と、ここで、こんな疑問や思いが出てくる方がいらっしゃるかもしれません。


「でも、需要期って、それだけ競合も激化するってことでしょ?
それなら、あえて需要期じゃない時期に、露出を増やした方が効率良くない?」


「せっかく個人で仕事してるんだから、世の中の動きに迎合したくないなぁ…」

どちらも過去の私のつぶやきです(笑)。
前者は、会社員時代、募集のための広告予算を握っていたときに、ふと感じた疑問。
後者は、独立起業間もない頃に感じていたこと。
どちらも一理あります。
有料広告を出そうとすると、需要期は広告予算が跳ね上がってしまい、体力(予算)勝負になってしまうことが多いのです。
なので、「あえて需要期ではない時期」を狙って、露出を増やすことも一考です。
ですが、私たち個人起業家・経営者は、広告費をドカンと積んで集客して… というビジネスモデルではないと思います。
また、あなたが扱うコンテンツやジャンルそれぞれの「需要期」もあると思うので、一般的な需要期に合わせる必要はないかもしれません。
ですが、ここでご紹介した需要期は、いわば「社会の気運」のようなもの。
であれば、「ここに乗っかる」のが得策では?というのが私の見解です。
今日は、「教材」からはちょっと離れて、「講座ビジネスとマーケット」に関するお話をさせていただきました。
ご参考になることがあれば!
今日もお読みいただき、ありがとうございました。
季節柄、体調に気をつけてお過ごしくださいませ。
矢澤典子

INFORAMTION

『教材戦略のすすめニュースレター』のご登録はお済みですか?

ニュースレターでは、教材戦略や講座ビジネスに関するさまざまなな情報を配信しています。

ご登録はこちらから!>>

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK