· 日々のあれこれ

つぶやきです。

ありがたいことに(そして不思議なことに)
私の教材作りのお客様は、
およそ3割が「はじめまして」の方。

お会いしたこともなく、
SNSで繋がってもいない方が
ネット検索で私を見つけてくださいます。

そんななので、
お問合せや申込みをいただいたときは
何をしている方か?や
私がどうやってお役に立てるか?が
まったく見えず、
そもそもそんなに起用ではないので、
限られた情報から想像力を駆使して、
あらかじめいろんな可能性を想定しておきます。
なので、最初はかなり身構えるし緊張します。

が! 最近改めて思ったのが、私はこの
「どんなボールが来るかわからない感じ」
が好きだということ。
きっとこの不確定要素がないと、
すぐに飽きてしまうのです。笑

思い返せば私は昔から
「変わらない環境」とか
「同じことの繰り返し」とか
「決められたやり方」とか
「予定調和」が嫌いでした^^;

だから、今の教材づくりの仕事も
ノウハウは体系化しているものの、
お客様に合わせてどんどん応用したり
カスタマイズしてしまいます。

結果、「わ、こんな面白い教材ができた!」
「こんな新しい手法が見つかった!」
という想定外の着地や発見があります。
こうして少しずつ守備範囲が広がってきています。

この仕事を始めた4年前は、
お客様がピッチャーだとしたら
私はキャッチャー役にすぎませんでした。
多少リードはしつつ、来たボールを受ける。
ピッチャーに気持ちよく投げてもらう。

けれど今は
ピッチャーの個性やコンディション、
それから戦況を見て
必要とあらば内野手も外野手もコーチも監督も
自在に務められるようになってきたと思う。笑
(でも主導権を握るのはお客様自身)

そうやって一緒に良い試合を戦えたときの喜びは
格別です。

楽しいお仕事をさせてもらっています。
クライアントの皆さんに感謝。

■—————————-
教材戦略アカデミー 主宰
教材コンサルタント/教材作成コーチ
矢澤典子
http://www.norikoyazawa.com/

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK