• ブログ

  • 「社会を良くする知」を未来に遺すプロジェクト

    coming soon...!

  • ===自分史の執筆に挑戦中!=== ✴︎ 物語の現在地→5歳あたり inオランダ はじめこそ「言葉が通じない!」と パニックに陥り 「幼稚園に行きたくない!」と 毎日泣き喚いていた私ですが...
    ===自分史の執筆に挑戦中!=== ✴︎ 物語の現在地→4〜5歳あたり inオランダ オランダの幼稚園でできた 新しい友達・Sharon。 あるときから、私にいろんな声を かけてくれる...
    ===自分史の執筆に挑戦中!=== ✴︎ 物語の現在地→4~5歳あたり inオランダ 私が通っていた幼稚園は、 小学校入学前の異年齢の子たちが 同じクラスで過ごすスタイル。 大人にな...
    ===自分史の執筆に挑戦中!=== ✴︎ 物語の現在地→4歳あたり / みんな肌の色が同じ。 みんな同じ言葉を喋っている。 \ スーダンから帰国して 子供なりに「ここはホーム」 「安...
    ===自分史の執筆に挑戦中!=== ✴︎ 物語の現在地→2〜3歳あたり 父をスーダンに残して 母と弟と帰国した私は、 東京都足立区の外れ 川と森と畑に囲まれた実家で 農業を営む祖父母...
    ===自分史の執筆に挑戦中!=== ✴︎ 物語の現在地→2歳あたり 日本に比べると断然暑いスーダン。 でも私には「日本の記憶」がなかったので、 暑い!という認識はなかった気がします。 ...
    ===自分史の執筆に挑戦中!=== 「元旦生まれのめでたい子」として 東京都足立区に生を享けた私は… 初の内孫を喜んでくれた祖父母との 穏やかな同居生活も束の間 いきなり、とんでもな...
    ===自分史の執筆に挑戦中!=== ときは1979年の年の瀬。 場所は東京都葛飾区のとある病院。 出産予定日はとっくに過ぎているのに なかなか生まれる気配がなく、 母は病室と分娩台とを ...
    せっかく教材を作って、提供して、「ここを読んでね」とか「これをやってね」と伝えても、なかなか動いてもらえない…。   そんなじれったい気持ちになることはありませんか? こんなときに有効な仕掛...
    他の投稿
  • ご登録はお済みですか?

    『教材戦略のすすめ|ニュースレター』では、最新のブログ記事をお読みいただけます

すべての投稿
×