サイトへ戻る

講座の「オフライン化」のすすめ

· 教材戦略のヒント

「講座のオンライン化」にためらいを感じる講師の皆さんへ。

ここ数ヶ月で、あらゆる学びの場が、一気に「オンライン化・デジタル化」しました。

この新型コロナに伴う外出・接触自粛が求められるこの状況下では、至極当然で合理的な流れです。

そんなことは重々承知のうえで、でも、さまざまな理由から「やっぱり苦手」と感じ、なかなか「オンライン」にスムーズに移行できないでいる(しないでいる)講師の皆さんも、一定数いらっしゃることと思います。

私もその一人でした。

そんな皆さんに、あえて提案したいのが「講座のオフライン化」の発想です。

【オフライン】=インターネットに繋がっていない状態

「え? そんな状態で講座ができるの?」と思われるかもしれません。

ですが、20年くらい前までの通信講座を思い出してみてください。

PCもインターネットもまだまだ一般には普及していない時代でしたが、

  • テキスト教材+添削課題
  • ビデオ教材+添削課題

  • 郵便
  • FAX

を掛け合わせることで、「遠隔学習」は充分可能でした。

(『進○ゼミ』とか『○ペンの○子ちゃん』とか… 一定の年齢以上の方であれば、ご存知の方も多いと思います。)

そう考えると、今この時代においても、かつてのような通信講座(Web会議システムを使わないやり方)をしたって何ら問題ないと思うのです。

 

むしろ、「なんでもかんでもオンライン化」という今の状況下では、この通信講座型のほうが際立つのでは? 差別化されるのでは?と考えることもできます。

私自身もこのタイミングで、これまでは対面で行なってきたセミナーをすべてオンライン化しました。

が、「オンラインセミナー」と言いながら、できる限り「オフライン・アナログ」を混ぜ込んでいます。笑

さらに、オンラインであっても、可能な部分については「非同期型」(※)を取り入れました。

同期型に比べて、身体的・精神的な負担が少ないように感じるからです。

(この辺りの「得意・苦手」「好き・嫌い」は、人によって分かれる部分だと思います)

※「非同期型」とは…

「オンラインコミュニケーション」には以下の2種類に分類できます。

1)同期型 →双方向性が確保されたコミュニケーション(例:ライブ授業)

2)非同期型 →双方向性のない一方通行型のコミュニケーション(例:動画配信)

ちなみに、私が主催する「オンライン風セミナー」はこんな感じです。

▼セミナーに申し込むと…

印刷製本されたテキスト郵送で届く(以下の写真参照)

  ↓

テキストを読む

  ↓

テキスト内のQRコードを読み取り、予習動画を観る ☆

  ↓

宿題:ワークシートに手書きで記入する

  ↓

Zoomでのライブ授業1日目に参加する ★

  ↓

宿題:ワークシートに手書きで記入して写メして提出する

  ↓

赤ペンの手書きで添削されたシートが返送される

  ↓

Zoomでのライブ授業2日目に参加する ★

こんな形式で学習してもらうセミナーです。

  • 下線の部分 →オフライン(アナログ)
  • ☆の部分 →オンラインの非同期型
  • ★の部分 →オンラインの同期型

と、「オフライン・アナログ」の要素を多用しています。

 

(下の写真は、郵送するテキスト類のSampleです)

もちろん、このようなセミナーの運営には、「100%オンライン」に比べて、ちょっとした手間も費用もかかります。

 

ですが、これをするには、より緻密な「受講生とのコミュニケーション設計」が必要なので、これまで以上に受講生のことを考えたり、受講生の目線を意識するきっかけになり、結果として、講座全体をブラッシュアップすることにつながるケースもあります。

 

また、もともと「アナログ派」の方であれば、それも苦にならない、むしろ楽しめる要素のほうが多いのではないかと思います。

講座や教材設計のコンサルを行う私の持論の1つに、(講師・主催者として)「気が乗らないやり方でやろうとしても、長く続かない」というものがあります。

「みんながやっているから」「流行りだから」「これが今のスタンダードだから」という理由で、自分の感覚を軽んじて無理にやろうとしても、すぐに苦しくなってしまうと思います。

もちろん、講座や教材作りにおいては、第一に「受講生目線」(受講生のユーザービリティ)を考えるのが鉄則です。

 

ですが、長期的に続けていきたい講座であればこそ、受講生目線と同じくらい「講師としての得意・苦手」もあえて考慮することをおすすめしたいと思います。

このような「オフライン講座」「昔スタイルの通信講座」の学びを支えるのが【教材】です。

この教材のあり方ひとつで、「講座の価値」や「受講生の成果」が大きく変わってきます。

「オフライン講座」「昔スタイルの通信講座」の構築にご興味のある方、ぜひお気軽にご相談ください。

この機会に、一緒に「オフライン」の可能性を探りませんか?

SEMINER INFORMATION

\認定講座設計セミナー/
あとで困らない認定講座・養成講座・資格講座の作り方
https://www.norikoyazawa.com/certificate

講座を作る際の「ここだけは押さえておきたいポイント」を丸ごとお伝えするセミナーです。

  • 講座の全体構造
  • カリキュラム
  • 認定試験
  • 教材

という4つの視点から、講座の屋台骨の設計・見直しの仕方を学びます。

セミナータイトルには「認定講座」とありますが、一般的な講座にもそのまま適用できます。

このブログでご紹介した「オフライン講座」の構築にも役立つ内容です。

《このブログを読んでくださった方への特典》

申込みフォームの「メッセージ欄」に「オフライン化」とひとこと添えてください。

特典として、当セミナーに含まれる個別相談「30分」を「60分」に無料延長いたします^^

▼『認定講座設計セミナー』の詳細・お申込はこちら!

https://www.norikoyazawa.com/certificate

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK