サイトへ戻る

教材制作は「予定調和」を目指す

教材テキストの役割に関する話

· 教材戦略のヒント

わりとなんでも受け入れるほうですが、
私があまり好きになれないのが「予定調和」。

逆に心地よいのは「不確定要素や異分子をはらむ」状態。
「想定外の展開!ハプニング!」とか
「この空気、なんかザラつく!」に直面すると
ハラハラする一方で、俄然やる気になったり、
にんまりしていることがよくあります。

とはいうものの、こと教材制作に関しては、
完璧な予定調和を狙います。
なぜならそれが講座のシナリオ・台本になるから。

完璧なシナリオ(教材テキスト)があれば、
きっと先生たちは、講座の中で起きる
想定外の出来事やアドリブを楽しめるんじゃないか。

先生たちがリラックスして、オープンになったら、
講座がもっとライブ感溢れる時空間になるんじゃないか。

そうして、先生の味わい深さが滲み出て、
受講生の皆さんとの「想定外の奇跡の瞬間」が
生まれたりするんじゃないか。

私自身は講座やセミナーの講師経験はほぼないので、
想像でしかありませんが、そんなふうに思って
「教材は完璧な予定調和」を目指してます。

先生や講師の皆さん、いかがでしょうか?

「感動教材プランニング」の主宰者は、
そんなことを考えながら、舞台上で輝く先生方の姿を
舞台袖からにんまり見つめています。

6月の個別相談会は、おかげさまで満席となりました。

次回は9月開催予定ですが、お急ぎの場合は個別メッセージにてご相談くださいませ。

たくさんのお問い合わせ、ありがとうございました!

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK