サイトへ戻る

第2話:ロバとラクダと、坊主頭の私

矢澤典子の人生ストーリー

· 人生ストーリー

===自分史の執筆に挑戦中!===

「元旦生まれのめでたい子」として
東京都足立区に生を享けた私は…

初の内孫を喜んでくれた祖父母との
穏やかな同居生活も束の間

いきなり、とんでもないところに
連れて行かれることになります。

その地は…


アフリカ・スーダン(首都:ハルツーム)

外務省職員だった父の転勤が決まり、
母と私も一緒に渡ることになったのです。

▲スーダンはここ!

このとき
父、33歳
母、27歳
私、1歳半

この時代のスーダンに、
こんな幼子を連れて行こうと思った母は
本当にすごい人だなと思います。
(しかも私の弟を妊娠中)

当時はソ連上空を飛べなかったので、
スーダンまでは
成田→アンカレッジ
→ヨーロッパの主要都市(泊)
→ハルツーム
と、片道一日以上かかるような行程。

一時帰国もままならないと覚悟した母は、
大量のお米・味噌・醤油…etc.を
携えていったそうです。

この時代の移動手段や運輸手段、
連絡手段や社会的インフラを考えると
父母が抱えた不安や苦労は
相当大きなものだったはず。

ところが、私はというと
まだものごころがついてない赤ちゃん👶

日本での記憶がないままに

気づいたらスーダンにいました。笑

———————
ブロック? レンガ? コンクリート?でできた
平屋に住んでいて、
私と両親のほかに
現地のベビーシッターさんがいて、
毎朝自宅の庭先を、ヤギ?ロバ?の大群が
駆け抜けていく風景。
———————

これが、私が思い出せる
人生のいちばん古い記憶。
私が初めて認識した「自分が住む世界」でした。

▲自宅でベビーシッターさんと。母とラクダと。

道という道が穴だらけのデコボコ道で
車のタイヤがしょっちゅう穴にハマる景色。
(砂埃がすごかった)

保育園みたいなところに
連れて行かれるのが嫌で、
ひたすら泣きわめいている記憶。
(なんか怖かった)

ある朝起きたら、庭にあった
お気に入りのビニールプールが
なくなってて悲しかった記憶。
(泥棒に盗まれた)

家の中でボール遊びをしているとき
顔から壁に激突して痛かった体験。
(このときぶつけたおデコの右側は
 いまだに出っ張ってる)

などなど、
2歳前後の体験だったので
断片的ではあるけれど、
意外といろんな風景を覚えています。

一方で、自分では気づいていなかったけど
あとあと当時の写真を見て初めて知った
衝撃の事実も!


その頃の私は、なぜか坊主頭。笑

とにかく暑いスーダン。
頭皮にあせもができてしまい、
致し方なく坊主にされたらしいのですが、

当時はそのことを意識することも
気にすることもなく、

写真の中の私は、ワンピースを着て
サンダルを履いて、バックを持って、
気取ってます。笑

▲ナイル川のほとりで。坊主頭でかなりめかし込んでます。笑

そんなスーダン滞在中、
私はある病気にかかってしまいます。
その名も「◯◯◯◯」…😱

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK